BMWの点検整備簿(サービスブック)をチェックすべし

目次

点検整備簿のないBMWの中古車は要注意

一般ユーザーがBMW中古車の購入時にコンディションをチェックすることは容易ではありません。
短時間で外観や内装やエンジンルームなどを眺めても、よほど悪い状態でない限り問題点など分かりませんし、まともな中古車販売店ではそのようなクルマを扱わないはずです。
※業者オークションや個人売買などは話が別になります

基本的には販売店とクルマ本体と自分のカンを信じて購入することになりますが、安心に関する目安になるのが”サービスブック“の有無です。
正規ディーラーで新車を購入すれば必ず付属しています。サービス工場での点検時にもこのサービスブックにきちんと記入されるようになっています。
※すべてのディーラーが遵守しているかどうかまでは分かりません

点検記録がひと目で分かる目次があります。最後の点検日も必ずチェックしましょう。
2年以上空いている場合は保証プランに加入しておらず点検を怠っている可能性があります。
とはいえディーラー以外のサービス工場でも点検時に独自の記録簿を提出しているはずなので、その日付と内容が記録された書類があるならサービスブックだけにこだわる必要はありません。

点検項目と作業内容が分かりやすく図示されています。

CHECKポイント

あくまでも点検記録簿なので、サービスブックがあれば問題なしとは断定はできません。
記録されるのは基本的には年1回ですので年数の割に点検回数が多い場合は要注意ともいえます。
しかし5年落ちまでの中古車購入時にサービスブックがなければ、正規ディーラーで定期メンテナンナスが行われていない可能性が高いので、販売店にしっかり確認しましょう。

アーカイブ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる