資金について【200万円で5年落ちBMWを買う】

目次

高額所得者でなくても憧れのBMWオーナーになれます

  • 現金買いを強くおすすめします
    ローンを組む場合は最小限の負担で済むように計画してください
  • 信頼できる業者から買うこと
    意味不明な整備費等を加算してくる諸経費に注意
  • クルマ選びにはバッテリー、ブレーキ、タイヤの状態と予備リモコンキーの有無に注意

200万円の理由

BMW320i Luxury
  • 2シリーズと3シリーズの良質な中古車が買える
    5年落ちの商品相場は120万から300万円超えまで多数あるが200万円までが中古車のメリットが最大化
  • 5年落ち5万kmまでなら新車に匹敵するコンディションでその後5年間は不安なし
  • 7年落ち以前だと安全システム等が劣るし消耗部品の劣化と整備費増大の心配
  • そもそも20年間30万kmが当たり前の世界のクルマである※メンテは必須
  • 1シリーズなら150万円
    予算が250万円あれば5シリーズも狙える

予算200万円では先代BMW3シリーズがおすすめ

200万円は新車なら国産小型車や軽自動車の上級者レンジです。
いうまでもなく、それらとは所有の歓びやドライビングの満足度は比較になりません。
3シリーズ(F30)後期型なら古臭いイメージはまったくなく装備も充実しています。
320i,d M Sport、Luxury、ツーリングの概要
ドライビングプレジャーが犠牲になるミニバン所有者は家族全員乗車で荷物満載の機会が年間何度あるのか良く考えるべき
自転車を積みたいならアクティブツアラーや3シリーズツーリングもあり
燃費を重視するならディーゼル

現金買いを強くおすすめ

所有車は売却相場の金額で売り余裕資金と合わせて買う
足りなければ不足分が貯まるまでカタログを眺めたりネット情報を調べたりして待機期間を楽しむ
ローンは希望商品が手に入ってから長期間支払いが続くのが苦痛になるもの
現在所有車なしで貯金ゼロなら3年以上かかるのでBMWはあきらめる

ローンなら最大月々5万円で3年間まで

資金20万円以下なら5万円✕36ヶ月で180万円+金利が限度
資金100万円あれば3万円✕36ヶ月で現実的
クルマの経費は生活費を除いた余裕金額の範囲内とすることが最重要
一般家庭では5万円が限度と想定 – 異論あれば自己責任で
生活環境は千差万別で余裕資金は単純な年収では測れない燃料・高速・保険・税金など年間20万~30万円程度の費用を忘れない
最大の固定費が駐車場であり所有の有無で維持費が大きく変わる
クルマ所有者であれば頭金に充当して無理なくローン

ローンはどのようなプランであってもマイカーにならない

買い換え不可、大きな事故で廃車でも負債なければまし
新車であれ中古車であれ、現金買い以外はローン完済までは自分の所有物ではない
返済完了まで事実上の所有者は貸し手であり名義の移動は関係ない
中古車で残価設定は自殺行為
残価設定を検討している時点でギリギリの資金条件であり、完済後の一括返済など不可能に近いはず

あわせて読みたい
自動車事故【車両保険に加入していないとどうなるのか】 【4台に1台が任意保険に加入していない !!】 ローン返済期間には車両保険加入必須としている理由について書きます。実は、自動車保険に関して衝撃的な統計データがあり...

経営者なら有効な節税対策に

400万500万でも※別ページにて

まとめ

  • 同程度の資金が買える国産車とは所有する歓びと運転の歓びが圧倒的に違う
  • 車検整備や維持費は国産車と変わらない
  • 5年間は所有の不安がない
  • 大きな不満が生じても返品サービスのある会社なら安心

TOPページへ

目次
閉じる