BMW523d 燃費記録 / メタセコイア並木道2021

BMW523d(F10)の燃費レポートです。
12月2日(土)、奈良県北部の自宅から滋賀県の高島市にあるメタセコイア並木路まで往復ドライブしました。

この観光スポットに来たのは3度目ですが、紅葉のハイシーズンでもあり今回は最大の人出でした。
それでなくとも、今や路側に駐車スペースはほぼないため愛車とのツーショットはまず不可能。

目次

燃費は523i(F10)を圧倒。しかし高速走行メインでも20km/L超えならず

結果は走行距離252kmで19.2km/Lでした。

往路は多少の渋滞もあった奈良県・京都府の一般道路と、ほぼ高速道路である滋賀県の湖西道路。
復路は湖西道路から名神高速道路経由で走行しました。


走行ペースは一般道では制限速度前後、高速道路では100キロ+程度の巡航速度でした。
非常に気候が良かったので、エアコンをオフにしていたためかなり好結果になると期待していましたが、20キロを上回る事は出来ませんでした。
もちろん特別なエコランなどは一切しておらず、かといってハイスピードで疾走すると言うほどでもなく自分としては普通のペースでした。全行程の80%以上はACC巡航にしていたので、準エコランに近いドライブではあったので少々残念。
実は、2016年7月の納車以来、この車で満タン方を計測による燃費が20キロメートルを超えたことがないのです。

これは、たまたま間違えて乗り入れた工事車両駐車場用の空き地から道路に戻る寸前に素早く撮ったもの。
もちろん偶然の産物なので、マネしちゃいけませんよ。😌
反則の罰か、やはり路上でないと画的にも全然ダメなボツ写真にしかなりませんでした。

ちょうど10年前の9月の撮影。日曜日なのに季節外れの朝方とあって当時の通行量はほとんどゼロだったので余裕でこんなのが撮れたのですが、今となっては「奇跡の1枚」になるのかな・・・
この時のクルマは 523i Hi-Line。ちなみに、今では希少な2.5リッター直列6気筒ガソリン車で燃費は13.6km/Lでした。
自分は別に6気筒信者ではないのですが、当然ながらクルマとしての快適性は523dよりもこちらの方が格段に上です。
とはいえ、走行条件は今回とほぼ変わらないので、やはりディーゼルエンジン車の燃費性能は圧倒的に優れているのだとも再認識したのでした。燃料単価がバカみたいに高騰している現在は、軽油のありがたみをしみじみ感じます。

アーカイブ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる