今さらながら、ホイールクリーナーを使ってみた

満足出来る愛車を手に入れてからは、すっかりクルマへの関心が薄れているのだが、しかしなくなりはしない。( ´ー`)
時々はつらつらとクルマや BMW の情報を眺めたりするのだが、何となくホイールクリーナーが気になりだした。
これまでずっと水洗いで済ませていたのだが、さすがに水では除き切れない汚れが目につくようになっていたのだ。

絶大な効果を謳う色々な製品が出回っているが、無難に選択したのはれっきとした純正クリーナー。
4,000円近くするプライスなのでこれまではスルーしていたのだが、ヤフオクで 旧型品を格安でゲット出来た。
2017-09-15_DSC06853.jpg

BMWユーザーの悩みのタネがブレーキダスト。前回のクリーニングから 100km 余りの走行後の状態でこれ。
この写真では大した事なさそうだが ・・・

そばで見るとこうなっている。(*´・ω・)

それではスプレーでシュッシュッと。最初は慎重に吹いていたがすぐに慣れてうまく吹き付けられるようになった。( ´ー`)
薬品に近い成分なのだろうから、それなりに臭いがきついが、屋外でなら問題なし。

驚いた事に、わずか 2分程度で赤っぽい液体となって全体に滴り落ちている。
もちろん事前情報は仕入れていたので本当に驚いたわけではないが、自分の目の前でそれが起こるとやはりビビった。(;`ー´)

しかし、これはホイールから血が吹き出しているわけではなく、ブレーキダストやタールなどの汚れ成分が浮き出ているのだ。

更に様子を見ていると、3分後には思わず目を背けたくなるような惨状。( ≧Д≦)
しかし、これはいかにクリーナーが良い仕事をしているかの証明でもある。

そして、おもむろに最高水圧で放水。あっという間もなく汚れが消え去っていく。
説明書きには「高圧洗浄を」と書いてあったが、そんな気の利いたものはウチにはないのだ。(;`ー´)

同じく説明書きには高圧洗浄だけで完了みたいに書かれていたが、そんなわけにはいかないのは、ちゃんとスポンジブラシが付属しているという事実が証明している。高圧洗浄すれば本当にこの作業も不要なのだろうか・・・
単なる放水だけでも八割方の汚れは落ちていたのをスポンジがけすると本当にキレイになっていく。
水洗いの時とは違い、汚れは既に浮き出しているので軽く拭き取るだけ。まったくの力いらずでクリーニングがはかどる。
こんなにラクな事が分かってたら、さっさと買っとくんだった。(;`ー´)

頑固にこびりついていたのも、ごく一部を除きすっかり落ちて、洗浄率 98% くらいにはなった。
すごい威力である。さすが純正 !! ※他の製品を試した事はないが ( ´ー`)

二本目からは更に要領が良くなって、作業時間も半減。けっきょく 4本で10分かかってない。しかもラクラク。( ゚∀゚)

足元がすっきりキレイになるのはホントに気持ちが良いもんです。

アーカイブ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる