BMW 116i レビュー

久々に新車レビューをいってみよう。ヽ(゚∀゚)

ある事情による”320i”君のサービス工場一泊によって、代車としてあてがわれたのは、実に走行距離”183″kmの新車!!
おそらく「どうせ売れない在庫車なら代車要員にしてしまえ」などという暴挙はフツーのディーラーでは不可能でしょうな・・・

しかし、「あてがわれた」というのはウソです。代車を自由に選べるので未体験の”1″シリーズにしたわけ。
“116i”を指名したために愛車の点検時期が 1ヶ月もずれてしまうという本末転倒な事態になってしまっただけの事。
やっぱし、ドアハンドルはこうでなくっちゃね。(`∀´)
前席周辺の風景は”320i”とほぼ同じ。

とはいえ、同じパーツが使われていても、”3シリーズそのもの”というほどに酷似しているわけではない。全体の雰囲気もさりげなく上手く差別化されている。
現行モデルは、お値段据え置きでナビゲーションシステム標準装備。かなりの実質値下げである。
たまにはボンネットも開けてみようか・・・もはや付いてて当たり前のターボチャージャーも鎮座。
このクルマは、最近のモデルとしては車名と一致する珍しい例で、1598cc の直列4気筒DOHCエンジンが載っている。
ちなみに、まったく同じエンジンでもハイパワー版の”120i”もある。コイツはかなり速いだろうな。(o´∀`o)
“116i”は1400kgほどの車体に対して必要十分なパワーである。え!? 「それで何馬力なんだ」って!?
現代のクルマでそんなのどうでもいいじゃないですか。気になる人は自分で調べて下さい。

クルマのサイズは長年にわたって愛車であった”3シリーズ/E46″とほぼ同じで、とても取り回しが良く運転しやすい。
歴代”1″シリーズの中で最高のスタイリング。カオ以外は・・・
しかし、このカオでイメージぶち壊しの興ざめや・・・特にホワイトの入ったフロントグリル。女性受け狙いなのかもしれないが、こんなのを好むヒトがいるとは思えないぞ。(。-ω-)
と言いたいところだが、試乗車はデザインラインの”Style”なのでした。
素の”116i”は、「ちゃんとした」ブラック仕上げになっているので採点はこれを想定している。
ビーエムとしては平板で、可もなく不可もなしのシートデザイン。もちろん座り心地はOK。

メーカー車名価格エクステリアインテリア動力性能操縦安定性乗り心地省エネ性能快適性所有満足度標準装備品コストバリュー合計得点
BMW525i (E39/2001) Hi-Line60010101010101010101010100
320i Luxury(2013/05)52510121412101510101418125
116i3087810118158881295

さてと。肝心の試乗レポートだが、必要十分なパワーに不足のないレスポンス。操縦性は文句なし。少し硬めの乗り心地だが、クルマの性格には合っている。サイズがコンパクトな分、クルマとの一体感は言うことなし。
全般的には”320i”の弟分の一言で済ましておこう。( ´ー`)

アーカイブ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる