ヤリス G 1.5Lが253万円!?

目次

ヤリスは200万円あれば余裕で買える、のではなかった

日本一の人気車種であるトヨタ・ヤリス。個人的にはまったく魅力を感じないが、200万円未満で買える新車という理由だけで取り上げてみた。

こんな小さなクルマなのに後席の居心地をわざわざ悪くするような後部デザインはカッコよいのだろうか。
人気の大きな理由は価格の安さにもあるのだろうと漠然と思っていた。
しかし、とある場所にあった展示車の価格を除いてみて仰天した。2,534,641円だと!?
2016年の3シリーズ(F30)や5シリーズ(F10)が余裕で買える水準ではないか。
ヤリスの本体価格は150万円前後という認識だったので、思わず目を疑った。
何も考えずに営業マンのいいなりになってると、こんなボッタクリをされる可能性があることになる。

Gグレード1.5Lの素の本体価格1,773,000円に加えて実に761,641円もの上乗せとなっている。
群を抜いて高額なオプションが”パノラミックビューモニター”で約13万円弱。こんなもんにそんな価値があるのか? と不信を抱きつつ、カタログを眺めると欲しくなるように出来ているのだろう。商売ですからね。
とにかく10万円程度の値引きでは消費税分すらならない。でも日本一売れてるのだし。すごい世界だわ・・・
個人的には、少し高くなってもアクアの方にはるかに価値を感じる。

価格だけで脱力状態だし、クルマとしての魅力をまるで感じないので試乗はもちろんしていない。
フィットやスイフトやフィアット500など内外のコンパクトクラスでずっと良さそうなクルマはたくさんあるので、これを機会に順次してみる予定です。
現在200万円で買える新車のレベルを知らないでブログを続けていくのも無責任ではないかと反省しているので。
まずはアクアからになるでしょう。

アーカイブ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる