「お神札」と BMWのスポーツモード

こういうものにはこれまでまったく関心がなかったため、これまで自宅には存在しなかった。
が、ちょいと理由があってきちんと祀る事にした。※もうどうでも良いがストーカー問題と関係はない
とにかく親の代の「お寺さん」との付き合いも数十年間途絶えているしどうしたら手に入るのか、困ったのだが。そんな時にはいつものように Google 検索一発で解決。( ´ー`)

単に「お札(おふだ)」と読んでも良いらしい。ムカシはどこの家にもあったような記憶もあるが、現代人の家庭でこれを大切に祀っているお宅はどのくらいあるのだろうか。仏壇のある家なら間違いなく祀ってるだろうけど。

カンタン調査の結果、近くの”氏神様”ならどこでも良いようなので、定番の”信貴山朝護孫子寺”に出かけた。
おなじみの寅さんのお出迎えを受け、ここからすぐ近くにある”千手院”で無事にお札をゲット出来た。
お値段は1,000円也。紙切れ一枚で何でそんなに高額なのかというと、”ご祈祷料”込みと説明された。
・・・おっと、これを”紙切れ”なんて言ってるとご利益がなくなるかもしれないので今後は慎もう。(;`ー´)
2020-06-14_IMG_0592.jpg
年末年始以外にここに来る機会はめったにないが、やはりこの時節柄か日曜日というのに閑散としていた。

とりあえず、商売の神様にお参りをしておいて。

「寅大師(とらだいし)」さんだそうです。以下HPより引用


昔より大切なお金のことを「寅の子」と云います。この修行大師は別名「寅大師」と言われ、傍らに「撫で寅」があり、足を撫でれば出ていったお金が直ぐもどる、頭を撫でてはボケ封じ、牙を撫でては立身出世、尻尾を撫でては延命長寿のご利益があります。


本堂で200円のおみくじを買いました。いちいち値段を書かなくても良いって ? (;`ー´)

うぅむ、大量生産のおみくじといえど侮れない。今の自分の境遇にジャストフィットしているではないか。( ; ゜Д゜)
とりあえず、”凶”の文字がなくて一安心と。

雨上がりの神社は特に風情が感じられてとても気分が良いものです。

“開運橋”付近で長期間続いていたダム工事がようやく完成したようで、スッキリした景観に戻った。
※写真に写っているのは”開運橋”ではない

目次

BMWのスポーツモードはやはりレスポンスが大きく向上

朝護孫子寺に通う時はお楽しみの”信貴山フラワーロード”。今日はちょっとだけ気合を入れてみようかと”スポーツモード”に。
シフトレバーを左に倒す”スポーツモード”とは異なり、ギアレシオとサスペンションまで制御する本格的な機能である。
実はこの機能を使うのは初めてだったりするが、切り替えてみてぶったまげた。( ; ゜Д゜)
ふだんののらりくらり運転でのレスポンスにもまったく不満を感じていないのだが、アクセルワークに格段に敏感に反応するようになるし、何よりも速度にかかわらず勝手に3,000回転前後を維持してくれるので「気分はスポーツカー」となった。
エンジンの「美味しい部分」をずっと味わえるわけで、快適爽快 !! 何で今まで試してみなかったのか ? やっぱりアホです・・・

もちろんその代償はきっちりと数値に表れたが、思ったほど悪化はしなかった。ま、距離的にも大した事ないというのもある。
ちなみに、同じコースをふつうに”コンフォート”モードでやや大人しく走行する時は、だいたい 8km/L 前後。

ワインディング・ロードに加えていくつもの長めのストレートとメリハリあるアップダウンに恵まれた素晴らしいコースが近所にあるのはほんとにラッキー。とはいえ基本的には農道なので交差点での安全には十二分に注意が必要ではある。( ´ー`)
さてと。こうなったら早く神棚を手に入れなければ・・・

アーカイブ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる