ゴルフの不満解消 / 警告マークの消去

ゴルフに関するコメントをいただいたので、ついでに久々の愛車ネタを。
2016-09-28_DSC05437.jpg
わが家にやって来て早一年半が過ぎた、”ゴルフ6 1.2TSI トレンドライン・マイスターエディション・ブルーモーション”。(;`ー´)
何の不具合も故障もなく、元気に日常の足として活躍してくれている。異音も振動もなく、高級車に匹敵する快適さは今も変わらない。
優れた実用品である事に加え数々のプラスアルファの魅力も備えた素晴らしいクルマである。当初は、1~2年くらいで”7″に乗り換えようかと考えていたのだが、今のところまったくその必要性を感じず、当分の間はファーストカーの地位安泰の見込み。
しかし、小さな不満はやはりある。以前にも小さな不満は取り上げたが、今回のものは最初からあきらめていた部分。
2016-09-28_DSC05449.jpg
エンジン始動の度に、”SERVICE”の不細工な文字とともに現れる”スパナマーク”。
本来は点検を促す重要な役目があるはずだが、何しろ年がら年中点きっぱなしに近い状態なのでうっとおしい事この上ない。
とにかく、最初の納車時直後くらいから現れ、昨年末の車検整備でようやく消えたが一ヶ月もしない内に復活しやがったのだ。(。-ω-)
2016-09-28_DSC05456.jpg
そこで、一念発起。あるワザを使えばコストゼロの簡単操作で解消出来る事が分かったのだ。
まず、”0.0/SET”ボタンを押したままでイグニッションオンにして・・・
2016-09-28_DSC05453.jpg
時刻調整ボタンを押す。操作はこれだけ。
2016-09-28_DSC05454.jpg
すると、あら不思議。いまいましい”スパナマーク”が出なくなって、すっきり気分。( ゚∀゚)
※当たり前だが、これは「自己責任」。これが原因で何らかのトラブルが発生しても一切責任は負えませんので、ご了承下さい。
まぁ、良くありがちなメンテナンスのための裏技なのだが、こんな操作が自分で発見出来るはずがない。(;`ー´)
ゴルフ愛好家の方の、こちらの記事を参考にさせていただきました。この場で感謝申し上げます。

アーカイブ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは!はじめまして
    昨年ブログ参考にてスパナの絵文字を消去しました! どうやらエンジンオイル交換のメンテナンスのようでした。(自分でオイル交換しました) ディーラーは不愉快ですね!
    愛車はGolf6 Variant Trend Line Premiam Edition (my2011) 走行距離 約115,000
    キロのワンオーナーです。
    当初、スパナの消去の仕方がわからなかったので、たいへん助かりました!
    どうもありがとうございました。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    放置ブログにコメントありがとうございます。(;`ー´)
    つたない記事がお役に立てたようで良かったです。
    それにしても、11万kmですか。10年間も使ってたら普通といえば普通なんでしょうね。ウチのは先日ようやく 4万km超えを果たしたばかりですが、実際のユーザーさんからのお話は心強いです。
    ウチでは完全に実用品、今やスニーカー代わりで用途は近所の買い物がすべて。99%は、5分も走行したら駐車というパターンなので燃費もイマイチです。9から10km/Lあたりをウロウロしてます。
    当初のようにあちこちドライブに連れて行く事もなくなったので、少し不憫ではありますが、自分自身が無目的ドライブにほぼ関心がなくなっているので仕方ありません。このクルマなら、20万kmなんてへっちゃらな気がしています。あと10年は乗れそう。まだまだ先は長いな・・・( ´ー`)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる